ヒント

トマトの缶詰とトマト ソースのリコピン濃度はトップクラスです。
さらに、バジル ベースのペスト ソースやチーズ ベースのアルフレード ソースなどよりも低脂肪・低カロリーです。

材料

バター:50 g

白ワイン(ドライ):1 ~ 1 1/2 カップ

ヴィアローネ・ナノ米または他のリゾット米:1 カップ

オリーブ オイル

ニンニク:3 片(皮をむいて細かく切る)

デーツ チェリートマト:20 個(または普通の丸いミニトマト 30 個)

タイム:小枝  4 本分の葉

塩、挽きたての黒こしょう

おろしたパルメザン チーズ:70 g

クレーム フレッシュ(ある場合):60 ml

作り方

鍋にバターを入れて中強火で溶かし、リゾット米を入れ、バターで完全にコーティングされるまで混ぜながら炒めます。

塩と粗挽き黒コショウ少々を加えます。

同時に電気ポットでお湯を沸かします。

鍋に白ワイン 1/2 カップを追加し、リゾットに吸収されるまで混ぜます。手順を繰り返します。

(この手順は好みで 2 ~  3 回繰り返します)

鍋に熱湯約 1/3 カップを注ぎ、リゾット米に完全に吸収されるまで低中火で調理します。

リゾット米が十分に柔らかくなるまで少量の水を追加します(米が溶けてつぶれない程度)

この間に大きなフライパンにオリーブオイルを少量加えて加熱します。

このフライパンにニンニクを加え、軽く色付くまで炒めます。

トマトを加えます。

トマトを軽く焼き、1 分経過後、手で握るタイプのポテト マッシャーか木製のスプーンの背でフライパンの中のトマトをつぶします。

トマトからジュースがでたら火を弱め、タイムの葉、塩、挽いた黒コショウを加えて混ぜ合わせます。

リゾット米を食べてみて十分に柔らかくなっていたら、トマトのミックスを加えます。

数秒間混ぜてトマトの水分すべてを吸収させます。

クレームフレッシュ(ある場合)を少し加え、パルメザン チーズを加え、塩とコショウで味を調えます。

出来たてを出します。

ヒント:

トマトの缶詰とトマト ソースのリコピン濃度はトップクラスです。

さらに、バジル ベースのペスト ソースやチーズ ベースのアルフレード ソースなどよりも低脂肪・低カロリーです。

Tip

トマトの缶詰とトマト ソースのリコピン濃度はトップクラスです。
さらに、バジル ベースのペスト ソースやチーズ ベースのアルフレード ソースなどよりも低脂肪・低カロリーです。

レシピを投稿しましょう

コメント

0

一番にコメントしましょう