リコピンの利点

Newest 皮膚に関する最新の論文 articles

光酸化プロセスには紫外線照射による皮膚の反応が関係し、これが酸化的障害、DNA 損傷、皮膚の健康への悪影響に結びつくと考えられています。カロチノイド等の食物抗酸化剤が光酸化反応を防ぎ、光酸化ストレスに関連する悪影響を弱めるのに有効である可能性が次々に証明されています。ベータ カロチンとリコピンを含んだトマト エキスの食事介入の後、紫外線による紅斑からの保護が観察されました(10)。皮膚の保護効果はリコピンのみが影響しているかどうかを知るために、さらなる研究が考案されました。以下の研究が、リコピン、フィトフルエン、およびフィトエンの相乗効果による可能性を証明するかもしれません。トマト ベースの調剤に含まれるベータ カロチンもある程度保護に影響している可能性があります。トマトに含まれる自然のリコピンは、運動誘発性喘息に対しても保護効果があることがわかっています。さらにトマト エキスによる療法は、喘息を患う成人の気道好中球流入や唾液中の好中球エラスターゼの作用を低下させることがわかっています。